丸十丸さんでカワハギ釣り

2018-11-08 17:19:40

8zFQts3dQeZ_uoZm.jpg

せっかく新井さんからステファーノリミテッド借りたし、アサリも余ったし急遽翌日の日曜日丸十丸さんに行って来ました~。

お付き合いしてくれたのは、鬼頭さんと赤池さん~。

釣り座はジャンケンで勝った順に左舷ミヨシ赤池さん次に鬼頭さんでしたが、船長から一人右舷のミヨシに入ってと!。

こうして急遽鬼頭さん右舷ミヨシ~、総勢19名乗船で定刻時に出船です。

先ずは港前からスタート、直ぐに釣れたので今日は楽勝かと?。

その後もポツポツ釣れたので、目標設定は20枚と!。

でも釣れているのは実は私だけ~、5枚の時点で赤池さん2枚鬼頭さんゼロ・・・。

これは魔法のロッドのお陰~?、でもこの日も入れ食いはありません、移動直後に釣れて後が続きません・・・。

しかし良かったのはここまで、ここからは移動しても後が続かず苦戦を強いられます。

1枚釣るのに時間が掛かり過ぎ・・・、それでも地味に1枚づつ釣るしかありません。

キャストは封印して、船下メインで誘います。

宙で狙うとキタマクラの嵐~、エサは食われるし針は取られるし困った魚ですね。

PuNWx6Mlt95qa3sg.jpg

天気は曇り予報でしたが、途中から雨が降って来ました・・・。

まあ今の気温だとそれ程寒さは感じませんが、この日は寒かったですね?。

ポイントにより釣り方を変えたりしますが、中々恩恵が受けられません。

まだワッペンが少ないので、掛かるとゴンゴンゴンが楽しめます。

QMFY7iX3Iu6CElTi.jpg

これは25cm~、肝もタップリ入っているので食味も最高です。

A3bkuIQ2AyAoCJ0v.jpg

鬼頭さんはこの渋い状況の中でダブルをやりました!、そしてこれは25.5cm~。

頑張って釣っていると、船長が「海上保安庁から救助要請が入ったから、皆さん協力して下さい」っと!。

何でも沖で小型のモーターボートが沈みかけているとの事、丸十丸さんは海上保安庁の救助宿に指定されているんです。

急いで現場へ向かいます、しかしこの時海上は荒れていて波は被るし雨に降られるし最悪な状態・・・。

途中からミヨシに行ってボートを探します、目には雨が入りまるでバスボートで走っているようでした?。

現場近くに着いたのでスローで探します、すると海上保安庁から無事に救助したとの連絡が入り一安心!。

時計を見ると2時なのでこのまま終了かと思ったら、少し凪いで来たので30分延長しますと!。

結局3時30分まで釣りして13枚・・・、でも竿頭~!。

次頭は鬼頭さんで11枚、赤池さん良いとこなく6枚。

途中から鬼頭さん調子よく、一時は11枚で並びました!。

でも地味にじっくり2枚釣り離せた感じです、当日は潮の動きが悪く途中から風も吹いて釣り辛い状況でしたが。

7Y_9xkxbePr5OZrO.jpg

まだ水温が高くカワハギが固まっていないようです?、更にワッペンサイズが沖に出て来てないので数が伸びません?。

この辺は突然釣れ出したりするので、船宿の情報チェックして下さい。

下船後は迷惑を掛けたからと、船宿から乗船割引券頂きました~。

こうして二日間カワハギ釣りしましたが、明日のステファーノグランプリ松輪予選の役に立つと思います!。

更に土曜日は久比里でDKO二次予選が控えています、どちらも勝ち上がって今年もダブルファイナリスト目指して頑張って来ます~。

一義丸さんからカワハギ釣り

2018-11-07 19:28:04

QpRSvpejxQ1VEkI9.jpg

11月3日、松輪一義丸さんが臨時にカワハギ船を出すとの事で行って来ました。

人数も限定でノンビリやりましょうっと!、オデコ会メンバー6名で参加です。

先ずは釣り座ジャンケンで、左舷大ドモから福井さん橋本さん新井さん宮本赤池さん伊達さんと並びました。

wFrFCigiS5qumv0C.jpg

この日は二艘出しで、我々は立川船長の船です。

そして新井さんは新発売となったステファーノ攻めH171SPを購入済み、更にステファーノリミテッドも購入~!。

すると私のリミテッドが来るまで、使ってて良いですよっと?。

まかの展開に断りましたが、再度確認して借りる事になりました~。

ふふふっ、このロッドは確実に釣果を延ばせる魔法のロッドなんです!。

倍釣れるとかではなく、例えば10枚釣れるなら12~13枚、20枚釣れるなら23~24枚とこんな感じです?。

まあ思い込みと言えばそうかも知れません、ただ長年カワハギ釣りをやってきてそう思えるロッドです。

時には勝手に掛かるし、小さなアタリをはじく事無く針掛かりさせてくれるんです。

それでも100%ではありません、もし100%確実にカワハギが釣れていたらこんなに夢中にならないでしょう。

個人的にはカワハギ釣りの数釣りが好きなので、そんな私にはピッタリのロッドと言えるんです。

特に大会等では1枚で天国と地獄の差がありますから?、その為にも早く使いたいロッド4だったんです。

別に大会は関係ないと言う方でも、このロッドを使うと別世界異次元を体験出来るかも知れませんよ?。

この辺は人それぞれ好みがあるので、実際にお店で手に持って体験して下さい。

45srv6fZr1UnEdzr.jpg

私の手元にメーカーから届くのは今月末との事、まあそれまで待つ価値あるし今までの攻め180も気に入っているので我慢するはずでした?。

ところがひょんな事から使える事となりました~、丁度大会が重なるので助かりました!。

knLIl26JHN6A0rT2.jpg

今回は試し釣りも兼ねていたので、沢山のポイントを回ってくれます。

今シーズンの特徴ですが、まだコッパと呼ばれるワッペンサイズが少なく釣れればサイズが良いのが特徴です。

水深も12~13mから35~40mのディープもやりました、何処でもポツポツ釣れるので掴みどころが難しい状況・・・。

特に朝の内はミヨシ有利な展開、ミヨシでは釣れているのにトモの方へ回って来ません?。

まあこれは船釣り特にカワハギ釣りではあり得る事なので、それ程気にしません?。

それは潮が変わればこの逆もあり得ますからね~、ここはじっと我慢して誘いつけるしかありません。

釣り方はゼロテンメインで、根のきついところでは宙を試したりしました。

数か所面白いポイントがありましたが、入れ食いショーはありません・・・。

ポツ・・・ポツで続きません、そして直ぐに移動~また移動~。

お陰で釣れなくてもストレス溜まりません~、こう言った展開大好きです。

mR8iPIkwTUs7x_9q.jpg

後半は剱崎沖の35~40m、ここは潮も早いので宙でやって下さいと的確にマイクで釣り方をアドバイス。

これは助かりますね、船にはマイクが付いているので水深と釣り方のアドバイスもしてくれると釣り人としてイメージ出来ますから!。

剱崎沖では久々に宙オンリー~、アタリは多くありませんがたまに感じる生体反応たまりませんね~!。

一度で掛からなくても、直ぐに同じところで待ってると・・・カサっとアタリを感じ取れガガガッ~と釣れてくれました?。

こんな事が数回あったり、宙釣り満喫出来ました~!。

5nmViQm5YPLkMQ5f.jpg

ゴンゴンガガガッ~とやり取りを楽しませてくれたのは、29cmの大型~。

やり取りを見ていた新井さんが、タマを用意してくれ無事にネットイン成功~。

本当に今回は新井さんにすっかりお世話になりました、でも新井さんとは中高一緒でしたが後輩なんです~。

当時は先輩後輩の規律が厳しく、先輩なんて大人でしたからね?。

その新井さん、最初は一人だけ釣れなくてスロースタート。

皆が4~5枚釣った後にやっと1枚目、でもここからが猛ダッシュ~。

あっという間に4枚~5枚~7枚~、そして仲間内でいち早くつ抜けそして達成~!。

そして私が追い付き11枚で同数となり、ここから新井さん2時間釣れません・・・。

この辺がカワハギ釣りの怖さ、他のメンバーも宙でポツポツ釣っているのに一人釣れません?。

トモの福井さんや伊達さんは早掛け賞取るし、私もポツポツ釣れるし新井さんだけ魔の時間に突入~。

こうして各自の釣果は宮本15枚新井さん橋本さん伊達さん11枚赤池さん10枚福井さん8枚、竿頭の方はミヨシから2番目の方で20枚続いて17枚との事でした。

9bXrhJ2YAhfAVbGN.jpg

大型を〆た後に写真撮ったら、こんな風になってました~?。

これを見た赤池さんが、「ドロボウカワハギ」だと?。

確かにこのようになったの初めてでした?、〆方が足りなかったのでしょうか?。

 

大原新幸丸さんからひとつテンヤマダイ釣り

2018-11-02 22:21:04

WUwNLgnoaFL2_Jvr.jpg

連日大ダイ中ダイが釣れているので、10月31日一人で新幸丸さんへ行って来ました。

今は4時30分集合、5時出船です。

ポイントまで約30分、海は比較的大人しい大原レベル4程度でしょうか?。

n3m3ZrPlX0NK7MGh.jpg

タックルはプロトロッド、2月から使い始めタフで使いやすいロッドに仕上がってます。

軽さは勿論、目感度手感度共に良好です!。

後はガイドの位置と繋ぎ目、グリップのデザインで市販サンプルが完成します。

出来ればFSでお披露目したいですね、また詳細が分かり次第お知らせします。

そしてリールはステラC3000XG、このリールもタフでひとつテンヤには最適です。

ラインはよつあみブランド0.8号、リーダーフロロカーボン2.5号5m。

テンヤは船長の指示に従って5号をセット、今回もビンビンテンヤ鯛夢チャートリュースゴールドフレークからスタートです。

jPNwTedEnNfZti_4.jpg

明るくなってからやっと1枚目、水深は25~30mです。

潮が効いてないので、釣り易い反面アタリ少なく根掛かりもします・・・。

潮さえ効いてくれれば、必然的に常にテンヤが浮き上がり根掛かりし難くなるんです。

更に船が流れるので、広い範囲のポイントを流せます。

wX3xkzbF_riTr2zq.jpg

アタリが少ない中の2枚目~、外道も少ないので釣り易いです。

そして3枚目を釣りまったりしたところで、大きくポイント移動。

そこで事件は起きました!、探検丸にはベイトらしき反応が写し出されてます。

隣でワラサ釣れました、私にもワラサかかりましたが途中でバレ~。

ふと前を見ると、右舷ミヨシの石井さんやり取りしています。

横には船長新ちゃんが大きなタマアミを持ってスタンバイ、相当な大物らしく中々上がって来ません。

何時もなら「早く釣り上げないと魚が腐りますよ」ッとジョークを言ったりしますが、この時はただじっと観戦しているだけでした・・・。

数分後・・・出されたラインがリールに回収され、徐々に距離が縮まりました。

そして水面に浮いたマダイは・・・大ダイです!、新ちゃんが差し出すタマに入りました~。

遠目に見て8キロくらいかと・・・、でも歓声が上がってます!。

検量すると10キロ超えていると!、そして11キロだ~っと!。

nV7TW4O4ng7lU2gu.jpg

勿論11キロの大ダイ初めて見ました!、10キロだって見たことないのにその大きさに驚きました~。

もの凄い迫力です、もうこうなるとモンスターと呼んだ方が相応しい風貌です。

口がデカイ~、唇もデカイ~、鱗もデカイ~、顔だけで3キロはありそうです~?。

n9xJAoIV9nIBzWm6.jpg

そして釣り上げたテンヤは・・・、ビンビンテンヤ鯛夢5号チャートリュースゴールドフレークでした~!。

やってくれましたね~、自分が釣った大ダイではありませんが、今回こうして同船者の石井さんが釣り嬉しいです!。

考えて下さい、もしかしたら自分に釣れた可能性があるんですから!。

今回乗船客6名でしたので、確率は6分の1ですよ?。

本当にこんな大ダイが釣れた場面に遭遇出来ただけでも幸せでした。

出来る事なら活かして水族館に寄付したいですね?、月に一度大ダイに会いに行く~。

TNwmOcqvz23fF_mg.jpg

テンヤが物凄く小さく見えます、これだからひとつテンヤマダイ釣りは夢があって良いですね~。

同じタックルで300g程度の小型から、こんな見事な大ダイが釣れるんですから!。

yYbzs_eJo5mn6Sil.jpg

後半は海も凪いできたので、正確に検量出来ました。

 NMIJ3MMrAONHqywf.jpg

丁度ナイスタイミングで左舷では6キロの大ダイ上がりました、本当に数分の間にこんなことが起こるんです。

G8p7VW4o6Coj92p1.jpg

私も少し遅れましたが、大ダイ釣ってもう竿は出さないで船内徘徊中の石井さんとお喋りしてたら1.7キロ釣れました~。

釣果は800g~1.7キロマダイ4枚、普通ならこれでも十分な釣果ですが・・・。

さて居るんですね大ダイ!、後はどのタイミングで食わせられるか?。

石井さんこれで10キロオーバーのマダイ3枚目だそうです、でもテンヤでは始めてとの事でした。

ひとつテンヤをやり始めた時から、夢は10キロオーバーだと!。

何時実現出来るか分かりませんが、この手で釣るまで続けます!。

もし釣れても続けますけど~?。