湾フグ釣り

2017-05-18 22:32:33

 

 

tXj2AxcQ6Ix7eyIo.jpg

昨日はこの四人で浦安吉野屋さんから、湾フグ釣りに行って来ました。

先週から釣れ出して、白子祭り開幕って感じでした。

GeBKB2Kw3MEfhnnL.jpg

平日なのに何と二艘出しの大盛況、我々は公大船長の船で右舷ミヨシから松川さん・岡村さん・宮本・橋本さんと並びます。

右舷は9名、実は何時もの公大船長の船はエンジン乗せ換えでドッグ入りとの事・・・。

タックルはリアランサー湾フグ180とスティーレ101XG、PEラインはよつあみ0.8号リーダーフロロ4号1m。

仕掛けは自作でカットー針はがまかつF-1、錘は8号からスタート。

n5LCl879Z5NHe0ox.jpg

ポイントの大貫沖までキャビンに入ります、約1時間20分で到着。

ポイントを定めてアンカーを打ち釣りスタート、北東風が吹いており気温は低く波っ気もあります・・・。

水深は7m前後なので釣り易く後はアタリが出るのを待つだけ!、しかし期待とは違いアタリありません・・・。

開始約1時間でようやく最初のアタリを捉えて1匹目~、実はその前にもアタリないのにエサだけ取られる失態・・・。

これなら目標のつ抜けは出来るだろうと!、実に安易な考えをしてしまいます?。

bwKZKx1xWbzYsz8z.jpg

サイズは中型でしたが、掛かるとショウサイフグ独特の横っ走りで楽しめました~!。

a7K90GpR3JmXG6ln.jpg

しかしここからはアタリなく苦戦が続きます、船中たまに誰かが釣る程度です。

でも橋本さんが何故か絶好調~、最初の1匹はアタリを捉えて釣ったそうですが、2匹目は勝手に釣れたと?。

すると1バイト2フィッシュだと威張っています?、それにしてもアタリありません・・・。

ミヨシの松川さんポツリと釣りますが、それを追い越す勢いで橋本さん釣るんです!。

此方がまだ1匹なのに既に4匹釣りご機嫌です、それにやっと来たアタリを逃した後に橋本さんに釣られました~?。

また昨日は風が冷たく感じられましたが、私には適温~しかし橋本さんは寒い寒いと・・・。

それなのにしっかり釣るんです!、これで5匹目~留めに「今何匹~」っと聞いてきます?。

もう私の釣果は分かっているのに嫌味なオヤジです?、そしてドカーンっと来たのはエイ・・・。

更にメゴチ・・・、すると「今のもアタリ分かったの」っと橋本談・・・。

風が強くアタリは分かり辛い状況ですが、アタリも分からずに合わせたりしません!。

でもキャストする時にエサだけ飛んでいったり・・・、何となくミスが多い釣りでした。

そして最後までオデコだった岡村さんも釣れ出して1匹・・・2匹・・・更に松川さんがミスったアタリを横取りして3匹目~。

時間は既に12時を過ぎて・・・2時を過ぎて・・・、まだ桶の中には1匹しか居ません。

こうなったら家族分の3匹釣るぞっと宣言?、まあ宣言したところで皆には関係ありませんが?。

もうキャストも止めて船下じっくり作戦・・・、本音を言うと白旗上がて負けを認めた状態でしょうか?。

すると竿先にプンっとアタリ~っでゴンゴンギューンで2匹目釣れました~!、どうやら群れが通過したらしく橋本さんも釣ります!。

続いて船下を丁寧に誘っていると再びツンっと微かなアタリ~、これも合わせが決まりゴンゴンギューンで3匹目~!。

時間は2時20分でっ2時30分に沖上がりとなりました、ふう~何とか3匹釣り事が出来ました?。

乗船前はつ抜けは簡単だろとなめてましたが、今回も現実はそんなに甘くない事を経験しました!。

 

AOLoa2UrQsb5q5Wj.jpg

他のメンバーは大型が1~2匹混じってましたが、私には中型小型しか釣れません・・・。

でも昨日の状況ではこれでも仕方ないかと・・・、釣り方もどうやら間違っていたらしく船下じっくり作戦の方が効果的だったようです?。

まあオデコ多数の中でしたので、3匹でも満足しなければ・・・。

白子もしっかり入ってました~、小さいのが二つだけ?。

もう少し数が釣れれば・・・、欲を言えば大型も釣れれば白子はしっかり入っていますよ!。

何故って・・・、他の方々はしっかりもっと沢山白子持ち帰ってましたから?。

各自の釣果は松川さん7匹岡村さん3匹宮本3匹橋本さん不利な釣り座で6匹はお見事でした!。

9HQ3QVtQwqhoLc8f.jpg

帰りに常連さんから「宮本さんが来ると釣れないね」っと・・・、あれれれれ~言ってはいけない事を言ってしまいましたね~!。

でもこんな事ではめげません・・・、これはリベンジしないとなりませんね!。

湾フグ好きな釣りです!、例え貧果でも良いんです!。

自分にしか分からない極小なアタリを捉えて掛けた時の喜びは、湾フグをやった人にしか分からないと思います?。

釣ったフグは全て船宿で捌いてくれます、写真のような身欠きの状態にしてくれので安心して持ち帰れます。

白子目当てのお客さんもこの時期は大勢押し寄せますが、食べても釣っても面白い湾フグ釣り是非一度経験してみて下さい。