昨日は大原新幸丸さんで一つテンヤ~

2011-07-28 00:00:00

もう何回このタイトルを使った事でしょうか、でもその通りなので単純明快!。

土曜日から釣りしていませんので、体が魚の引きを求めています。

水曜日か木曜日と思っていましたが、メンバー佐藤さんから熱いオファーが・・・。

そんな訳で昨日は佐藤さんと前回ボートエギングに行った、伊藤さんと3人で大原を目指します。

気になる大原の状況ですが、未だに深場で釣れています。

ただ相変わらず潮が速く、うまく安定した潮になれば大ダイ食ってくる感じでしょうか?。

昨日も大船長宅で支度をしていると、ボボボッと言うマフラー音とともにメンバー吉岡さん登場~。

昨日のメンバーは皆自営業なので、前日突然釣行が決められます?。

吉岡さんもそんな一人、昨日は一人で登場でした。

まあ皆一人で仕事してますので、予定は常に相手次第!これ鉄則です。

そんな訳で昨日は4名の道楽者と他のお客さんともども、桟橋まで若い頃は女優に間違えられた若女将アッコちゃんに送ってもらいます。

桟橋で何時もの釣り座ジャンケンと思いきや、佐藤さんは今回シイラを釣りたくて専用のタックルを持参していました?。

それを察知していた船長新ちゃんが、「佐藤さんはミヨシでいいよ~」隣に伊藤さんとなりました。

こうなるとトモは私と吉岡さんでジャンケン~、あっけなく負けてトモから2番目の釣り座となりました。

こうして昨日は右舷6名左舷5名の計11名乗船、お喋り佐藤さんと離れましたので静かに釣り出来そうです。

船長にポイントを聞くと、最初は深場に行くと・・・また様子が悪かったら浅場に行きましょうと言う事でした。

そこで昨日は2タックル用意、深場用はキャタリナ710MHS リールセルテートハイギア2508 PEライン0.6号 リーダーフロロ2号5メーター ビンビンテンヤタイ針仕様夜光13号。

浅場用としてキャタリナ710MS リールセルテートハイギア2506 PEライン0.6号 リーダーフロロ2号5メーター ビンビンテンヤタイ針使用夜光5号。

3時50分河岸払い~、昨日の海の状況は大原レベル3少し波っ気がありますが釣りには全く問題ありません。

また昨日は沖へ行くに連れて気温が低く、快適な中で釣りが出来ました~。

因みに昨日のスタイルですが、短パンTシャツ~足元は勿論ギョサンです!。

ポイントに着きスタートの合図とともにテンヤを投入します、う~ん相変わらず潮がカッ飛んでます・・・。

まだ薄暗いのでラインを注視しますが、水深50メーターラインですが70・・80・・でも止まりません。

90メーターで一応止めて余分なラインを回収すると、ガーン何と一投目から根掛かり・・・。

素早く対処しましたが、テンヤだけでなくリーダーから切れてしまいました・・・。

やむなくもう1セットの710MSのテンヤだけ13号に交換して、直ぐに再スタート!。

当然潮の速さは変わりません、今度も中々底立ち取れず同じようにここで止めようとリールを巻き始めると・・・今度も根掛かり・・・。

2回連続でそれもスタート直後の凡ミスは始めてです、更に今回もリーダーから全て切れています・・・。

でもこんな事ではめげません、直ぐにリーダーを組み直します。

今度は一度だけ底立ちを確認出来、リフト&フォールを繰り返しますが直ぐに入れ替えを行いませんとテンヤはもの凄い速さで浮き上がってしまいます。

この過酷な状況の中、吉岡さんにヒット~サバ・・・次は小型ですが本命マダイです。

左舷大ドモ常連石井さんもマダイ釣りました、此方は1キロクラス!。

他の皆さんはサバ・・・、更に船影に寄ってきたシイラ・・・。

船の周りには数匹のシイラの群れが悠々と泳いでいます、コレに向ってテンヤを落とそうもんなら直ぐにヒットしてしまいます。

シイラはテンヤの回収中や落ちて行く時にヒットしてしまいます、ただしシイラが掛かってしまいますと走られて最悪の場合多くの乗船者の方とオマツリしてしまう恐れがあるので、私は極力シイラを釣らない努力をします。

まあ昨日は馴れた方が多く、専用のタックルで強引なやり取り出来る佐藤さんでしたのでただ一人ミヨシでシイラ釣りが許されましたが?。

ところが面白い事に、佐藤さんがルアーで狙っても中々ヒットまで至りません?。

大原のシイラもテンヤが大好物みたいです?、その証拠に吉岡さんはテンヤを後方にキャストするので連続ヒットなんて場面がありましたね。

この深場で吉岡さんに一度良い魚が掛かりましたが、残念ながら針が外れてバレてしまいました。

暫く粘るも釣れてくるのはサバ、それでもたまに底でアタリ出ますが針掛かりしません・・・。

結局深場では何も釣れず、船長の提案で灘に移動する事に。

今度は20メーターラインから始めましたので、テンヤを5号から3号に変更。

更にカラーを変えたり、テンヤをビンビンテンヤ舞に変えたりルアー感覚で楽しみました。

ところが期待の20メーターラインではアタリなし・・・、そこで今度は30メーターラインに移動する事に。

ここではテンヤを5号タイ針仕様夜光にチェンジ、水深も浅く潮も緩やかなので実に釣り易い状況です。

しかし期待の30メーターラインでしたがアタリがありません・・・、それでも何度目かの移動後竿先にツツンとア・タ・リ~。

ゴンゴン来る引きはマダイかと思ったら・・・ハナダイ、でもこれで魚っ気が出てきた感じです。

すると次の入れ替えで底立ちを確認後、リフト&フォールをしていると今度も竿先にツンっとアタリが現れ大きく合わせるとゴンゴンゴン~?。

やや強引に巻き合わせながら上げてくると、水面に赤い魚を確認後そのまま抜き上げ~。

今度はマダイ!、何となく久しぶりのご対面です~。

72 

これで一応マダイオデコではなくなり気が楽に~、でもその後アタリが止まり地味な展開が続きます。

深場では毎回殆どエビの頭部分が取れてしまい、毎回のようにエサを取り替えていましたが、浅場では殆ど取り替える必要は無くなりました。

ここで水温の違いも感じました、深場では水温が高く浅場では水温が低いんです。

これはテンヤを触れば直ぐに解ります、特にビンビンテンヤはタングステン素材なので解りやすいです。

このお陰で灘にはシイラはいません、ゆっくり釣り出来ます。

ただしアタリは少ないのですこし眠気も・・・、こんな時お喋り佐藤さんが隣ですと眠気覚まし効果もあり得ます?。

この地味な展開を打ち破ったのは私です、入れ替え後竿先にフワフワっとアタリが現れすかさず大合わせを!。

このポイントではフグを釣っていましので、今度もフグアタリかと思ってました。

ところが合わせが決まった瞬間、ずっしりした重さを感じ次にリールからラインがジージジーっと引き出されて行きます。

これは大物と判断、周りからも「行った~ やった~」と言う声が聞こえてきます。

手元に伝わるゴンゴンのストロークが大きいので、大ダイと決め付けやり取りを始めます。

更に水深が浅くマダイも元気良いです、巻いては出されを何度か繰り返し思いっきり楽しめました~。

ところが余りにも魚が弱らないので、船長の新ちゃんが青物だと?。

すると周りからもワラサだヒラマサだと?、しかし本人の私はゴンゴンから言ってもマダイに違いないと・・・。

確かにこの前に左舷ミヨシの常連さんが、小型のヒラマサ釣っていました。

暫くのやり取りを楽しんだ後、水中にボンヤリと赤い物体が見えました~。

やはり間違いなくマダイ~、それも当然大ダイ~。

一発でタマ入れ成功~、もう産卵を済ませ綺麗な魚体に戻った3.6キロのマダイ~!。

727_2

本当に久しぶりの大ダイです、まあ5月には大釣りしてますがその後貧果が続いていましたからね。

これで灘にも大物が居ると判断・・・、でも1枚だけですと確信が薄れます・・・。

暫くすると、吉岡さんも大物掛けました~。

竿が大きく曲がりやり取りしたいます、暫くすると途中から横に走り出す引きに?。

コレは青物と解り、後はヒラマサかワラサか?。

水面に浮いてきたところをネットイン、この魚は大原ではサンパク・・・イナダとワラサの間の大きさ東京湾では最近イナワラって呼ばれています。

この後時間となり沖上がりを迎えました、右舷では皆さん小型混じりでしたがマダイオデコなし~。

私の釣果はマダイ2枚 ハナダイ1枚 ショウサイフグ2匹以上~。

それでも狙っていた大ダイ3.6キロでしたが、コイツが釣れたので大大大満足~!。

7月はもう釣れないだろと大ダイ募金を先日済ませてきました、しかし昨日再び釣れたんです~!。

また今週日曜日31日は、新幸丸さんの午前船をオデコ会で仕立ててあります。

そうですまだラスト1日残っていたんです、従って大ダイ募金は31日まで引き伸ばす事に!。

日曜日一つテンヤマダイ釣り大会に参加のオデコ会メンバーの皆さん、集合時間は3時ですからお間違いなく。

7月は凪の海なので、今回は通常以上の17名参加で行います。

まあこれは例外です、今回のメンバーは皆さん一つテンヤ上級者。

従ってあらゆる場面を体験済み、今回も大ダイ祭りになる事を期待しましょう!。