オデコ会大原一つテンヤマダイ釣り~

2012-05-28 00:00:00

昨日は心配されていた台風の影響もなく、オデコ会の例会を予定通り大原新幸丸さんで行いました。

今回は16名参加、現地に3時集合で直ぐに釣り座抽選。

私は右舷5番目、丁度胴の間となる機関室の真下。

4時河岸払い~、目指すは大原沖~岩船沖水深50メーターライン。

海の状況は大原レベル1~2程度で、風は微風と絶好の釣り日和に恵まれました。

さて釣り始めると、アタリはあるものの中々魚が掛かりません・・・。

やっと掛かってもウマズラかハナダイ、そんな中私は小型のオニカサゴ~。

これは大きくなる事を期待してリリース、すると次は何やら重々しい引きが延々続きヒラメかと期待したら大型のオニカサゴ!。

Photo_2 

更に次の獲物も中型のオニカサゴ~、これでオニカサゴ3匹リミットメイク達成!。

Photo_3

でも本来はマダイ3枚の重量なので、これらは外道と呼ばれます・・・。

ミヨシ付近では小型ながらマダイが釣れ始めました、キーパーサイズは割り箸に設定!。

ただこれが余りにも小さく感じ、次回からは25~28センチとします。

さてこの後は数回の移動と大移動を繰り返し、何処のポイントもアタリは多くウマズラとハナダイはかなり釣れました。

ところがマダイの釣れ方が、ミヨシに集中してしまう現象・・・?。

でも小型が多く殆どがリリースサイズ、そんな中左舷ミヨシから2番目の福井さんが絶好調!。

一人キーパーマダイ3枚釣り、何と入れ替えをしています。

結局皆さんウマズラとハナダイを各数匹釣り、アタリは多く掛けるのが難しい釣りとなりました。

後半に差し掛かり、浅場のポイントに移動後暫くして私のお隣の新井さんが大物掛けました。

数分間のやり取りの末、上がって来たのは3.3キロの見事なマダイ~。

Photo_4

新井さん昨年のこの大会でも優勝しています、今回もこの大ダイ1枚で逃げ切れるか?。

更にこの後福井さんにも大物が掛かりましたが、此方はワラサ~。

Photo_5

もう1匹小山さんにも大物が掛かりましたが、コイツはヒラマサと判断!。

残念ながら船を一回りした後に、痛恨のラインブレイク・・・。

11時過ぎにタイムアップ、結局この3.3キロを超えるマダイは釣れず今回も新井さんの1枚で優勝となりました。

さて私の釣果はマダイリリース1枚、ハナダイ大中4枚、オニカサゴ3匹、ウマズラ一杯~以上。

上位3名の皆さんです。

Photo_6

優勝   1枚 3.3キロ  新井さん

2位    3枚 1500グラム  福井さん

3位    3枚 1150グラム  坂井さん

キーパーサイズを釣った方は計9名、残りの7名はリリースサイズのみ。

ただし各自色々な魚は釣りました、ハナダイ・ウマズラ・ヒラメ・ワラサと外道は豊富でした。

昨日は帰宅後、母の病院に行き、その後義母に夕飯を届け、姉の命日なので義理の兄のところへお線香を上げに行きお参りして、帰宅したのは9時過ぎてました。

従ってPCを開く時間がありませんでした、そして9時過ぎに遅い夕食を取りそのまま気絶・・・。

今しがた起きて、明日の新島釣行の支度を済ませもう一度仮眠する予定です。

そんな訳で昨日のオデコ会の模様は簡単になりましたが、楽しいメンバーの集まりなので釣果が思わしくなくても問題ありません!。

まあ名前の通りオデコ会ですから、程ほどに釣れれば良いのです?。

さて明日から・・・いや本日から新島で、メインはアオリイカ、状況が良ければサーフからヒラメを狙う予定です。

新島では三択しかありません、それは釣りするか、食うか、寝るかです?。

一応この三択を順番に繰り返す、これを二択の釣りと食うにすると・・・良い釣果は出せません!。

そんな訳で2泊3日新島で陸からの釣りを楽しんで来ます。

釣果は定期的にお知らせしますので、お楽しみに~。

新島釣行一日目

2012-05-28 00:00:00

新島釣行一日目新島釣行一日目新島釣行一日目新島釣行一日目新島釣行一日目今日は昼に到着してアオリイカを狙いましたが不発、それならサーフからヒラメを狙うと、3枚釣れました。1枚ばらしましたが、新島はヒラメパラダイス?。これから夜釣りでアオリイカ狙い、でも今夜は早寝をして早朝ヒラメ狙いで頑張ります!。

まだまだ続く大ダイ祭り~

2012-05-26 00:00:00

昨日も大原新幸丸さんに行って来ました。

当初は一人で行くつもりでしたが、次男が大ダイ祭りに参加したいと言い出し二人で行く事に。

それにしても深夜の湾岸~東金道~九十九里波乗り道路は空いていて、実に快適なドライブを楽しめますね。

新幸丸さんに行くと既にお泊りの方が、その後はお二人程お見えになりやはり皆さん大ダイ祭りに参加しようと・・・、そうバイオリズムが同じかも知れません?。

港までは昔女優と間違えられた若女将アッコちゃんに送ってもらい、私は右舷大ドモ次男が隣、前泊の村上さんが左舷大ドモで計12名乗船で4時に河岸払い~。

海の状況は大原レベル1程度の凪、風もなく実に爽やかな感じです。

船長に前日の状況を聞くと、潮型が良いので釣りやすいと!。

それでも最初は深場からやるので10号ビンビンテンヤ夜光を、青帝245にセット。

もうワンセットには青帝230MLにビンビンテンヤ8号をセット、また昨日はラインテストのため両方のリールにテスト中のラインを巻いての釣行となりました。

最初のポイントはこのところ好調な岩舟沖~御宿沖水深60メーターライン。

釣り始めると潮型は良いので、直ぐに底取り可能です。

直ぐに8号に変えてリフト&フォールと、小まめな入れ替えを繰りかえします。

いくら潮型が良くても、小まめな入れ替えは一つテンヤでは重要なので、面倒でも定期的に行う事です。

アタリがないまま時間だけが過ぎて行きます・・・でもこれは想定内。

船長も小まめに移動を繰り返し、マダイの付き場を探そうと一生懸命に操船してくれます。

そんな中次男がオマツリと思って上げてくると、何と魚~でもソーダガツオ。

続いて次男にトンボ、ポイント移動後次男にハナダイ。

ここまで私は2バイト、でも魚は釣れてません・・・。

そんな中確実なバイトを合わせると、何やら違和感が・・・。

釣れていたのはピンクのトラギス、続いてトンボ・・・。

若船長大地君がそっと近づき、「オデコ逃れられましたね」っと・・・。

そう私は伝説の男、新幸丸さんで通しで完デコマンですから!。

何しろアタリは少ない状況です、でも今は夢の大ダイが誰にでも釣れるチャンスがあるのでこれで良いのです!。

そんな中左舷トモから2番目の常連さんに何やら大物が掛かりました!。

見ていても大ダイの予感が伝わります、数分間のやり取りの末、上がったのは3キロオーバーの大ダイ~。

底立ち後2回程巻き上げたら食ってきたそうです、テンヤはビンビンテンヤ~。

暫くすると左舷大ドモで一つテンヤからビシマ釣りに変えた、村上さんにも大物が掛かりました。

此方は手釣りなので、見ている方としては魚の大きさが全く解りません・・・?。

それでも大物だろうと言うやり取りは感じとれ、上がってきたのは見事なヒラマサ~!。

此方も巻き上げ途中に食ってきたそです、テンヤは・・・おお~ビンビンテンヤが付いていました!。

そして暫くするとアタリ~、でも掛かりません・・・。

そのままフォール・・・直ぐにアタリ~、でも今度も掛かりません・・・。

3回目のフォール・・・、再びアタリ~今度はしっかりと手応えがありましたが、大物でもマダイでもありません。

でも途中でゴンゴン抵抗するのでハナダイと判断、釣り上げると良型のハナダイ。

ポイント移動後もハナダイサイズアップ、でもマダイは釣れていません・・・。

たまにアタリ連発するポイントに当たります、しかし釣れてくるのはハナダイとウマズラ・・・。

でもこの両方が居ると言う事は、恐らくマダイも居る可能性大!。

ラストのポイントは水深30~40メーターのこの時季としては浅場、ここで次男が根掛かり・・・ではなく魚~!。

最初は動かずに竿が曲がったまま、しかしそれからジージーーーーとリールからラインを引き出して行きます。

直ぐに大ドモに移動させ、理想的なポジションでのやり取り開始!。

幸い潮は左舷後方に流れ、これなら誰ともオマツリの心配もなく本当に理想的な状態となりました。

やはり大ダイとのやり取りには、このような乗船者の皆さんの協力なしでは上がりません。

船長の新ちゃんが大ダモを用意してスタンバイ、私は高みの見物でタバコに火を付け一服状態!。

引きから見ても青物のように一気に走らず、走っては止まるジジジーーーと走っては止まるの繰り返しなので大ダイだろうと判断!。

ただ釣り上げてみるまでは解りません、新ちゃんも止まり始めたから大丈夫だろうと!。

しかしここであってならない事が・・・、フッとロッドからテンションが消え無念のフックオフ・・・。

どうやら想像するに、マダイはテンヤをかじっていただけで針掛かりしていなかったと推測・・・。

始めに釣れた3キロオーバーのマダイも、タマに入れて船上に置いた瞬間に口からテンヤがポロっと外れました。

これは潮の流れが緩いので、マダイがテンヤを咥えたままだったと考えられます?。

そしてロッド・ライン・魚全てに力が加わり、一瞬マダイが口を開けてしまえばもの凄い勢いで水中でもテンヤは矢のように外れてしまうのでと考えています。

一度早潮になれば、必然的にマダイにもロッドにももの凄い抵抗が掛かるので、全ての反発力でしっかりと針掛かりすると考えられます。

まあ運がなかったと言えばその通り、ただバラした魚は大きいと言いますが、相当大きかった事は間違いありません。

その後次男に聞いたところ、フォールで中々底立ちが出来ないと思っていたらラインがドンドン出て行くのでおかしいと思い、ベールを戻したらいきなり動かない状況になったとか?。

典型的なこのところの大ダイパターン、恐らくロッドの曲がり方から大いや大大ダイには間違いなかったと思われます。

その後この浅場のポイントで、皆さんバラシまくり~。

掛けて巻いてる途中でフッと軽くなりバレてしまいます、これは上記の現象かと思われますが・・・?。

まあ掛けた瞬間大物ではないと判断出来ますが、それにしても不思議な現象でした。

そこで今度は掛かったらゴリ巻きで上げて来る事に!

するとクンっとアタリ~、もうこなったら引きを楽しむなんて余裕はありません?。

魚がゴンゴン暴れようと、ドラグがジジー鳴ろうと一切無視してひたすらゴリ巻き!。

獲物はマダイだろうと思われましたが、ジジージー巻き巻きジー巻き巻き・・・こんな感じでした。

魚体が見えましたが、もう巻く事は止められません!。

ハイ、やっと本命のマダイ釣れました~!。

Photo

手が大きいので、相変わらず魚が小さく見えます・・・。

何時もは簡単に釣れるマダイも、本当に苦労した中の1枚は貴重です!。

このポイントはアタリは多く、ここでは皆さんホウボウやハナダイを釣りラストチャンスを楽しみました。

すると左舷胴の間の方に大物が、これは引きからして青物と判断。

暫くやり取りして見事に釣り上げ成功~、こうして昨日も大ダイとは巡り合わず終了~。

釣果は800グラムマダイ1枚、ハナダイ2枚、ウマズラ1枚、トンボ・トラギス各1匹以上・・・。

次男も久々の釣りでしたが、思い出1つに、ハナダイ2枚・ウマズラ・トンボ・ソーダガツオ各1匹でした。

そんな訳ですが、明日も新幸丸さんの午前船をオデコ会で仕立てています。

さて明日は誰にどんなドラマが待っているか、今から楽しみです~。