大ダイと一発勝負!

2014-05-24 00:00:00

昨日も大原新幸丸さんへ、乗っ込み大ダイを釣りに行きました!。

午前船に乗船し、釣り座は右舷ミヨシ隣にメンバー佐藤さん。

こうして片弦6名づつ計12名で4時に河岸払い~、前日のもの凄い釣果に期待が持てます。

何しろ新幸丸さんのHP釣果速報を見ると、更新の度に中ダイ大ダイが載ってます。

途中で船長の新ちゃんに「もう良いからとっと明日のために帰港して~」っと、冗談メール打った程でした?。

そして大ダイ用に用意したタックルは2セット、鯛夢245M&ニューステラC3000XG、ラインは大ダイに備え新品のPE0.8号を巻き、リーダーも久々に2.5号5m ビンビンテンヤ10号夜光をセット。

もうワンタックルは鯛夢245H&バンキッシュC3000HG PE0.8号こちらはリーダー2号5m ビンビンテンヤ夜光&ゴールド13号をセット。

ポイントは岩船沖の水深55~65m、約30分で到着~。

タラセを打って釣りスタート、アタリはありません・・・でも一発勝負なのでこれで良いんです!。

何度も入れ替えをします、潮方は良いので10号でも底立ち取り易く釣り易い状況です。

海の様子も大原レベル5~6と普通、ただウネリがあり気温が低くレインウェアーを着込まずにはいられません。

そしてアタリはありません、前日は朝一で3.7キロ釣れたそうなので集中力を高めアタリを見逃さないようにします!。

プルプルと細かなアタリは外道のベラでしょう・・・、その証拠にエビの足だけ取られます。

クンのアタリも現れ始めましたが、残念ながらウマズラ水揚げ・・・。

船中ポツリ・・・ポツリと大型のオニカサゴが釣れています、ひとつテンヤタックルで掛けるとただ重々しいだけなので判断出来ます。

一度掛かりましたが途中でバレてしまい美味しい外道を逃しました、何しろ途中で大きな口を開けるので余計に重たさが感じられます!。

移動を繰り返します、そんな中右舷で1.7キロのマダイ釣れました~。

どうやらマダイは居るようです、ただ何かしらの原因で活性が下がってしまい口を使わない状態と想像出来ます?。

私も大型オニカサゴ釣りました~、でも狙いは本命大ダイなのでこれでは満足出来るわけありませんね!。

Photo

そんな中右舷で小型ですがマダイ釣れました、しかしアタリが少なく飽きてしまいそうな状況ですが、さすがに誰一人釣りを止めません!。

それは皆さん前日のような大ダイ祭りに参加するべく真剣なんです、海の様子は徐々に良くなり凪いで来ました。

そんな中アタリを捉え掛かりましたが小さ過ぎます・・・、てっきりベラと思ったら小型のハナダイ・・・。

そして朝方1.7キロを釣った方が貴重な2枚目のマダイ釣りました!、これはお見事としか言う他ありません。

私の釣果はハナダイ1枚 オニカサゴ1匹 ウマズラ1枚以上・・・。

こうして午前船は11時に沖上がりを迎え急いで帰港します、我々も散々悩んだ挙句午後船に乗船決定~?。

こうして午前船から我々二人を含め4人が午後船へとスライド~、久々の通しで乗船となりました。

午後に突然食い出した事が何度もあります、今回はこうした悔しい思いをしたくなかったので急遽予定変更となりました?。

午後も12名乗船となりポイントは午前中と同じです、海の状態は午前中とは違い凪いでます。

ただ大きなウネリは残り時々やってきます・・・、船長も午前中より小まめな移動を繰り返します。

途中で35mの浅場へ行ったり、65~70mの深場を攻めたりと我々釣り人同様大変な思いをしています・・・。

それもそのはず釣れなければ船長の腕が悪いと・・・、こんな思いを知っているのでこちら側も何とか大ダイを釣ろうと必死です!。

しかしまだニューステラのドラグ音を聞いてません・・・、巻き心地は実にスムーズで最高の使い心地です。

午後はミニオニカサゴしか釣れません・・・、どうせ釣れるなら大型オニカサゴが良いのですが・・・そう旨い具合には行きませんね?。

午後は港口が悪いので少し早目に帰港すると伝えられていました、5時を過ぎアタリはありません・・・。

5時30分未だにマダイ釣れません・・・、このままでは通しでマダイオデコになってしまいます・・・。

6時前に左舷で大物掛かりやり取りしています、左舷側では皆さんテンヤを回収して観戦体制に?。

私も何度か見に行きましたが、ロッドの曲がり具合から大物と判断出来ました!。

この時右舷は払い出しとなり釣り可能、釣りを再開して暫くすると右舷胴の間の方が大物掛けました~。

底で食ったそうなので大ダイの可能性が高まります、ただ左舷でもやり取りしているので心配なのはオマツリ・・・。

ラインは真っ直ぐに出ていますが、オマツリ防止のために釣りを止めて観戦する事に!。

遠目で見ていていても、リールからラインが引き出されて行くのが分かります!。

10分くらいでしょうか、徐々に相手も弱り始め水面に姿を見せたのは大ダイ~!。

それもタマ入れしようと船縁に寄せたらバシャっとジャンプもどきを見せ、一瞬ハラハラしましたが無事ネットイン成功~。

これが見事な大ダイで5.5キロ~、やはり大ダイ居ましたよ!。

左舷の方はワラサだったそうです、でも貴重な大物です。

この時の水深は40~45mライン、マダイ達はどうやら少し浅場に移動した感じでしょうか?。

そして6時5分に私もアタリを捉えました~、引きから言ってマダイに違いありません!。

ただ一つ気になる事が・・・、それはせっかく掛かったマダイですがサイズが小さいんです・・・。

そのまま抜き上げ一応マダイオデコ逃れられました~?、情けないようですがこれ結構重要なんです?。

Photo_3

釣果はこのマダイが最後の獲物となり、マダイ1枚 ミニオニカサゴ4匹・・・以上。

こうして久々の通しで乗船しましたが、前日のような大ダイ祭りに参加出来ず「昨日は釣れたのに・・・」をタップリ味わい終了となりました。

でも大ダイ1枚釣れました~!、私の近くに泳いでいたのは間違いありません!。

Photo_4

今回は一発勝負に負けましたが、こんな状況大好きです!。

また来週も大ダイ狙いに行く予定してます、明日はメンバー3人が午後船で乗船です。

きっと彼らの内誰かが大ダイ祭りに参加するでしょう、今は一発勝負感が強い大原ですが面白いですね!。

釣りに行こう~

2014-05-22 00:00:00

実は昨日も大原新幸丸さんへ行く予定でした、しかし予報が悪く前日に中止の連絡が・・・。

こればかりはどうしようもありません、いくら万全の準備をしていても自然の驚異には歯が立ちません・・・。

そして今日はメンバーの北村さんが朝一から大ダイ釣ってます!、他にも良いサイズのマダイも釣れてるようです!。

こんな様子を見ているだけでは収まりません、昨日の内に明日の予約を入れました~。

明日もきっと釣れますよ、それも大ダイが数枚~!。

もう1枚では満足出来ない状態となってます?、釣りに関しては貪欲ですから!。

北村さんも後1枚くらい釣りそうな予感がします?、陸にいてもこうしてリアルタイムに釣果情報が見られる時代となりました。

準備は・・・何もする事ありません、もう既に完璧な状態で用意されています。

一応ヌタ対策用にPEラインにはコーティング剤をタップリ振り掛けてあります。

Pe

これだけでもヌタ対策になりますので、一度お試し下さい。

後は体調を万全にするだけ、どうせ1~2時間しか眠れませんが・・・。

でもたったの1~2時間眠る!、これが非常に重要で少しでもセッティングを間違えると眠れませんから!。

昼間は出来るだけ細かな用事でも面倒くさがらずこなし、夕方には少し疲れ気味にしておきます!。

明日の今頃は大ダイ釣ってニヤ付いて大喜びしている自分が想像出来ます~。

新幸丸さんでオデコ会例会~

2014-05-19 00:00:00

昨日は予定通り新幸丸さんで、オデコ会の例会を行いました。

集合時間の11時には・・・とっ言うより私も橋本さんと坂井さんと3人で10時頃到着しましたが、既に殆どのメンバーが揃っていました!。

全員が揃ったところで運命の釣り座抽選、4~5番目に引きましたが、今回も7番右舷大ドモを引き当てました!。

前回も同じ席、プライベートで行くマダイやシロギス釣行でも抜群の引きの強さを持ってます!。

こうして今回は15名参加で、運動がてら桟橋まで歩いて行く事に~。

天気は晴れで気温も高く、数名のメンバーは早くも短パンTシャツと言う格好です?。

桟橋でワイワイガヤガヤ釣り談義をしながら午前船の帰りを待つ事に、午前船では何と0さんが7キロのモンスターマダイ釣って来ました!。

これを見て興奮しない訳がありません、もう頭の中は大ダイとのファイトシーンで一杯です!。

こうして船に乗り込み12時に河岸払い~、タックルは鯛夢245M&ニューステラC3000XG PEライン0.6号 リーダー2号5m ビンビンテンヤ10号夜光。

もうワンセットは鯛夢245H&バンキッシュC3000HG PEライン0.8号 リーダー2号5m ビンビンテンヤ13号蛍光ゴールド&ピンク。

ポイントは岩船沖水深55~65mとの事、約30分で到着。

海の状態は凪~大原レベル1~2程度、これは釣り易く助かりました。

タラセを入れて合図と共に釣りスタート、ところが潮が速く中々テンヤが着底しません・・・。

探検丸には63mの表示が出ていますが、結局底立ちしたのは90m位でした~。

今回は大大ドモに新井さん、左舷大ドモにはクックッ佐藤さんでしたが、3人で中々底立ち取れないと・・・。

でもこの激流対策用に生まれたのがビンビンテンヤ~、あの丸い形状は潮の抵抗を受け難くフォールしやすくなってるんです!。

そしてこんな状況にも対応してくれるロッド、それが鯛夢です!。

何度も何度もこのような状況に遭遇し、テスト繰り返して作り上げましたからね!。

そこいら辺のひとつテンヤロッドとは少し違います、ひとつテンヤ釣法も日々進化していますからタックルもそれなりに対応しませんと快適に釣りが出来ませんからね!。

早潮の中でも快適に釣り出来ますが、アタリはありません・・・。

底立ちは一瞬ですが、その後は基本的にリフト&フォールで狙います。

ただし2回目の底立ちは不可能です、従って3回くらいリフト&フォールを行ったら入れ替えするしかありません。

まあ大ダイ狙いなのでこれも想定内、このような早潮の中で大ダイはパートナーを探していると思われます。

案の定左舷胴の間でD橋本さんに大物が掛かったようです?、船長の新ちゃんは大ダイだっと確信しています。 

船下に入る状況なので一応右舷側ではオマツリしないようにテンヤを回収して待機する事に、この辺のフットワークはメンバー全員掛け声一つで直ぐに行動してくれます!。

ロッドが水中に突っ込まれ、リールからラインが引き出されている様子が遠目で分かります、実に羨ましい光景です~。

やり取りの末海面に姿を見せたのは大ダイ~、抜群のコンデションで5キロ近いです!。

Photo

何時もは荒れてしまうと船酔いコンビNO3のD橋本さんですが、昨日は凪いでいたので本領発揮してました!。

ここから船内は一気にヒートアップ、でもアタリは少ないっと言うよりありません・・・。

そんな中またもや左舷福井さんがマダイ釣りました~、でもこれは予想外の小型・・・。

そして私にクンっと引っ手繰るような細かなアタリ!、合わせるとゴンゴンしています~マダイに間違いありません!。

テンヤは10号夜光、早潮の中殆どのメンバーがテンヤを重たくしてましたがトモの釣り座を生かし何とか対応した結果です。

60mの早潮の中からですと引き味も違いますね~、強気に対応して水面に浮かせたのは1キロサイズ~。

Photo_2

これで暫定2位になりました?、今回も25cm以上のマダイ3枚の重量で競い合います。

ここからは潮が緩むと移動~、何しろ新ちゃんここ3日間は絶好調~新幸丸大ダイ祭り主催者ですから~。

たまに釣れ上がるのは大型のオニカサゴ、これには釣った本人も大満足!。

ここから地味な時間が続きますが、午前船の7キロ午後船5キロが釣れているのでモチベショーンが保てます。

ここで左舷胴の間の坂井さんが大物掛けました!、でも回収中に食ったとの事?。

本人もマダイではないとだろうと・・・、でももの凄いトルクのある引きで大ドモに移りやり取り開始~。

当然テンヤを回収して観戦体制に~、坂井さん右へいったり左へいったり大変です?。

それでも獲物のパワーは一向に衰えず、ラインをドンドン出して行きます!。

やり取りしている本人はへばり始め「もう無理取れない」っと・・・、夜のパワーは凄いらしいのですがこれは以外な場面でした~?。

結局30分以上のファイトの末、ラインにヌタが絡み付き、恐らくトップガイドで団子状になりその結果熱によりPEラインが切れてしまいました・・・。

本人はサメだろうと・・・、私はサメ60パーセントワラサ30パーセント大ダイ10パーセントと見ていましたが?。

新ちゃんももしかしたら10キロオーバーのマダイかも知れないと・・・、確かに釣り上げて目で確認するまでは分かりませんからね?。

この後は船中ポツポツと色々な魚が釣れて来ますが、本命マダイの姿は・・・ありません。

そして遂に福井さんが2枚目のマダイ釣りました~、でも小型・・・しかしこれで福井さんが暫定2位に浮上~。 

暫くして右舷ミヨシから2番の吉岡さんもやり取りしています、払い出しの潮だったので余裕のやり取りで2キロ近いマダイ釣りました!。

これで吉岡さん恐らく2位に浮上?、まあ低次元の争いですが楽しめますよ?。

更に私にゴッゴッッとしたアタリ、すかさず合わせると今度もゴンゴンっとマダイですね~。

貴重な2枚目を釣りサイズは先程と同サイズ、これで再び暫定2位に浮上か?。

Photo_3

この後アタリが少ないとか釣れないとかブツブツ言っていた佐藤さんにも小型マダイ。

その一時間後「きたっ~」と言いながら、デカイ・・・いや小さい・・・いやデカイと言いながらも2キロオーバーのマダイ釣りました!。

こうして日も沈み6時50分まで粘りましたが沖上がりとなり、急いで帰港します。

検量の結果成績は下記の通りです。

優勝     4700グラム   1枚      D橋本さん

準優勝   2650グラム   2枚       佐藤さん

3位     2300グラム   2枚       宮本

4位     1700グラム   1枚       吉岡さん

5位     1650グラム   2枚       福井さん

6位     1150グラム   1枚       坂井さん

7位     600グラム    1枚       新井さん

8位 )     0グラム    0枚       橋本さん・岩間さん・松本さん・岡村さん

                            小川さん・増間さん・杉田さん・小堀さん

Photo_4

こうして半数の方がマダイを手にする事が出来ずカス?となりましたが、大型オニカサゴやホウボウ等が釣れ今回も楽しい大会となりました~。

また佐藤さんが「坂井さんの30分のやり取りがなければ、大ダイ釣れたのに・・・時合を逃した~」っと、でも誰も相手にしていませんでしたから~。

表彰式も終わり、最後に粋なサプライズ~何と福井さんが誕生日でしたので船の上から女将さんのアッコちゃんに連絡してケーキを用意してもらいました~。

Photo_5

帰りの車の中で福井さんがうれし泣きしたかどうかは分かりません?。

最後に参加された皆さまお疲れ様でした、そして抽選賞品に野菜等を提供してくれた新幸丸さんありがとうございました。

う~ん今回も大ダイ釣る事が出来ず残念でしたが、チャンスはありましたので次回頑張る事にします!。