丸十丸さんでカワハギ釣り合宿?

2017-03-21 12:19:38

TqDHdoWlsB_WIUcN.jpg

連休となった18日土曜日、丸十丸さんへカワハギ釣りに行って来ました~。

タックルはステファーノ180&ステファーノ201HGのコンビ、PEライン0.8号リーダー4号1m仕掛けはシマノ市販品針は全て吸わせ力7号錘30号。

釣り座は右舷ミヨシから2番目、ミヨシは赤池さんで星野さんは左舷ミヨシ。

河岸払い後は直ぐポイント到着、水深30m前後を狙いますがアタリありません・・・。

海の状態はベタ凪晴天無風と絶好の釣り日和~、しかし今回も潮が効かず釣り易さだけ抜群です?。

移動しながらの拾い釣り、こうなるとカワハギと遭遇してもエサを四方八方から食われるのでアタリ取るの難しいです。

仕掛けをじっと置いておくとアタリもないのにエサが取られてしまいます、どうやらカワハギに出会えればエサは食うようです?。

こうなったら仕掛けを常に動かして誘い続け、止めた時に出る一瞬のアタリを捉えなければなりません!。

最初の2枚は誘いを止めて次の誘いをしようとした時に、重さを感じる聞き合わせで釣りました。

でもこれがヒントになり、聞き合わせをする時にもゆっくりと行うとグッと重さを感じる場合もありました。

これは潮が効いていないのでカワハギが上下左右からエサを食ってるとイメージ、こうなったらしっかりとゼロテンを行い言葉に出来ないようなアタリを感じ取り合わせる事に!。

この場合半信半疑でも軽く合わせを行いました、でもここでこれらを感じ取れるかが最大の面白さ~!。

当然毎回掛かる訳なく空振りも多く、もしかしたら空合わせかも知れません?。

事実エサが残ってる時もありました、でもこの状況ではこれしか術がありません。

当然キャストもしました、船下で当たらないと思ったら直ぐにキャストで広範囲を狙います。

この場合はラインが斜めになるので比較的アタリが感じやすかったですね、これもひとつテンヤで散々入れ替えの重要性を知っていたので助かりました。

でっ掛かるとゴンゴン~ゴンゴンっと良く引いてくれます、釣り上げたら当然ドヤ顔~?。

O5ZORebDiNCWwhxo.jpg

アタリは少ないものの掛かると素晴らしく引き味~!、外道が少ないのでエサの消費も少なくて済みました。

但し一度アタリを感じ取り針掛かりしないと、残念ながら二度目はありませんでした・・・。

何時もなら二度三度とアタリを感じ取り釣れるんですが・・・、こうなると食いが良いのか悪いのか分かりませんね?。

16枚までバラシなし~、目標は20枚と設定したのでもう一息です。

釣れるカワハギのサイズはバラバラですが、何しろ掛かると良く引いてくれるので楽しめました。

3ZsQ6o1fFvJsIfYU.jpg

余りにもバラシがないので俺は天才か~っと思ったら、その後バラシまくり・・・。

でっ目標の20枚には届かず18枚で終了!、でもベタ凪の中での釣りは気分的に楽しめました!。

18枚で竿頭~、赤池さん13枚星野さんたったの2枚・・・。

乗船してたのは兄貴で、本人は小網代ビレッジでアルバイトしてたと言い張ってます?。

F3LRTWPxKp5pmba3.jpg

そして連休なのでこのまま居続けて、合宿が始まりました~。

夜は丸十丸さんで釣ったカワハギの肝和え頂きましたが、これが今まで食べた中で一番旨い最高の肝和えでした!。

実はこれだけカワハギ釣りに行っていて、カワハギ食べるの今年初めてなんです?。

それがこんな絶品だったとは驚きですね!、普段はチョビチョビ食べていましたがこの時ばかりは箸が止まりません~?。

5Up_o8_Tvm8cgIgU.jpg

そしてマグロのカマ鍋~、すき焼き風味でこれも旨くて食べるペースが止まりません?。

溶き卵に付けて食べるんですが、3人で順番に入れ食い状態~!。

これは今度自宅でもやってみようと!、こう見るとマグロは食べ方色々ありますね。

何しろ食べるのに夢中で散々食べ散らかした後です・・・、でもこの後も食べ続けましたけど?。

_NLFn1xfSNdHHG2i.jpg

そして締めはメカブ登場~、メカブを叩いて湯通しして味の素と醤油を掛けただけ!。

たったこれだけで海からの自然の味を堪能出来ました~、もう腹八文目ではなく・・・満腹状態で大満足~!。

e7TV2ncJUHWvbNxd.jpg

約4時間食べて聞いてって・・・裕二船長の独演会~、でもこれがためになる無駄話~だから聞いていても平気です!。

決して難しい話などないので、私は何時までも聞いていられます~。

まあ他の方々は皆さんビール&焼酎飲んでましたが、私は延々水だけでお付き合い出来るんですね~。

下戸なので飲むと気分が悪くなるので、水を飲みながら食べて聞いてたまに喋ってで十分楽しめるんです!。

そして翌日の買い出しに7&11へ行くと、星野さんと赤池さんアルコール買っています?。

まだ部屋飲みする気のようです?、そしてここからは12時まで今度は延々とエロ話~。

これも当たり触りがないので大好きです~、どうしても長話になると批判的な話が出る事がありますがエロ話だと万国共通ですからね~!。

そして翌日も丸十丸さんに乗船です、この日は左舷ミヨシから3番目、ミヨシは二日連続星野さん2番に赤池さんと二日連続でジャンケン負けてミヨシに入れれません・・・。

タックルは仕掛けは前日同様、そして海の状態はこの日もベタ凪~でっ潮は効いていません・・・。

但し釣り易さ抜群です、後は極小アタリを如何に感じ取れるかでしょうか?。

mmG3QdPRQh6MnyBe.jpg

おっ星野さん釣りました~、この前にも数枚掛けるもバラシ・・・。

ここで星野さんのバラシの原因一つだけ分かりました?、掛けて巻いてる途中でドヤ顔しながら横を向くんです。

この時余裕があるらしく横を向きながらリールを巻くので、カワハギの引きに対して一瞬リールを巻くのが緩んだりしてます。

この瞬間に針を外されてバラしまします・・・、そこで前を向きながらリールを巻け~っと?。

N4wnoIrsGxfTbOO7.jpg

これは誰にも言える事ですが、カワハギが掛かったら一定のテンションでリールを巻き続けませんとバラシの原因となるので注意して下さい。

もし掛かったら・・・、ドヤ顔しないで竿先を見つめて一定のテンションでリールを巻き続ける事、これ以外に大事ですから~。

この日は大型が3枚混じりました、このサイズだと引き味抜群でリールを巻くのもゆっくりになりますね?。

でも決して弱気になりません!、弱気になって散々バラシましたからね!。

finmC1VgwdkeclSg.jpg

二日間ともステファーノ180&ステファーノ201HGのコンビ良い仕事してくれました~、でも日曜日はバレも多く課題が残りました?。

まあバラシがあるので研究するし、色々と対策する事が楽しいんですけど?。

HKjx2mSeg1HtFo_w.jpg

日曜日も目標の20枚には全く届かずに16枚で終了~、でも極小アタリを感じ取り釣り上げた時は最高です!。

そして二日連続で竿頭頂きました~、日曜日は赤池さん7枚星野さん5枚でした。

VjmChi3NoQ4P0JFp.jpg

リリースサイズは3枚で後は持ち帰り~、前日食べた肝和えの味が忘れられません!。

最大は26cm、針は吸わせ力7号でしたが延びたり折れたりは一度もありませんでした。

AXEpLZS7UA5lvvcR.jpg

バラシは4~5枚かな?、でも貴重なアタリでようやく掛けたカワハギだったので悔いはの頃りましたね・・・。

釣り方は前日同様常に誘い続けていないとアタリすら出ません、そして止めた時にこのアタリを感じ取れるか?。

このような厳しいと思われるカワハギ釣りですが、私は大好きですね!。

これがきっと今シーズンの大会に役立つと思います、いやきっと役立つに決まってます!。

よくもうカワハギ釣り終了っと言う方がいますが、私のカワハギ釣りの終わりはありません~。

地味に通い続け今シーズンこそ優勝目指して頑張ります、何しろ悔いの残る釣りだけはしたくありませんからね!。

QA3rYUbwvcxwMlsx.jpg

この数字を簡単に見逃すか、じっくり見るかでって・・・自己満足の世界ですけど~?。

バスプロ時代は二日練習で三日間本番何て事を当たり前にやっていました、それも全て自分でボートを出してバスを探し出しポイントを見つけ出さなくてなりません。

それに比べるとポイントは船長任せなので、常に釣りに専念出来るので便利です?。

でもこれに甘える事無く常にベストを尽くす、早くカワハギ大会始まらないかと待ち続けています。

しかしさすがに連休中日・・・、帰りの大渋滞には参りました・・・。

 

湾フグ釣り

2017-03-17 11:56:36

W5yvnGWgcaHsoxrB.jpg

昨日は何処かに釣りに行こうか悩んでいたら、岡村さんから連絡があり近場の湾フグに行って来ました。

2~3月の湾フグの釣果は決して良いとは言えません、でもそれを承知で行くんです。

個人的に食材確保なら外房でショウサイフグ釣れているのでそちらを選択したでしょう、でも湾フグ釣りには独特の楽しさが秘められているんです。

微かなアタリを目感度で捉え、それをカットー針に掛けるんですが何となくフグと勝負している感が強く大好きな釣りです。

その為には専用ロッドが必要となり、これを手にしてようやく湾フグ釣りスタートだと思います。

よく言われるのが他のロッドでも代用出来ますよっと言う歌い文句・・・、でも他のロッドだと湾フグの繊細なアタリが出ないでしょう!。

言葉にするとツツツッ・・・ツッとかプププッ・・・ツンでしょうか?、ここで素早く合わせないと掛かりません。

更に常に誘い続けないとフグが寄って来ません、エサも湾フグの場合はアルゼンチンアカエビオンリーです。

トン・・・トン・・・トンと誘い続け止めた・・・この間にアタリが出るんです、もし自分に掛からないと他の人のエサを求めて釣られてしまう可能性大?

いかにその日の湾フグに合った誘い方でフグにエサを見付けやすい状態にする事、そしていきなり出る小さな自分にしか分からないアタリで掛ける事です。

この辺が究極と言われる場面ではないでしょうか、このアタリを感じ取り掛けて釣り上げたらもう病み付きとなるでしょう。

タックルはシマノリアランサー湾フグ180&スティーレ201HG、PEラインは0.8号リーダー4号1m、カットー仕掛けは自作です。

エサは船宿で購入出来るので、最初は1パック購入して追加は船でも購入可能です。

釣り座は右舷トモから2番目、右舷4名左舷3名の大名釣り?。

胴の間の岡村さんとは3m以上離れています?、これが一度釣れ出すと満船となり平日でも二艘出しになったりします。

実は湾フグファンは沢山いるんです、理由は食べて美味しいし船宿で全て捌いてくれるので持ち帰っても捌く手間がなく楽なんです。

54aabO0m5AruoIte.jpg

ポイントは湾フグ釣りの定番大貫沖、ベタ凪の中約1時間20分で到着~。

ポイントを定めてアンカーを投入して釣りスタート、昨日は晴天無風のベタ凪~絶好の湾フグ日和!。

しかしアタリありません・・・、同行の岡村さん早々1匹釣りました。

それにしてもアタリありません・・・、でも大策船長素早く移動してくれるので助かります。

10時20分始めてアタリました~、合わせるとドーンと言う手応えで横走しながら水面まで来たらそのまま抜き上げます!。

これで一安心?、これだけアタリがないのでもしかしたらオデコになるかと思った程です?。

すると次の投入でも微かなアタリを捉えて2匹目~、何と2匹連続で釣れる快挙達成~!。

でもここからはシーンっと地味な釣りが続きます、何しろベタ凪なのでキャストして広範囲を探れます。

しかしその恩恵は受けられず移動が続きます、忘れた頃にアタリが現れ3匹目~。

41TfLbgo_OEqskOd.jpg

釣れるフグのサイズは中型で食べて一番美味しい大きさ、この時期のショウサイフグは身が締まっていて極上品です!。

この後も走り丸~、フグを求めて大貫沖を走り回りました~。

これは個人的に大好きです、もう船長が釣らせたい気持ちが伝わって来ます。

此方もその思いに答えようと一生懸命釣りします!、そしてツッ・・ツツツッで合わせて4匹目~。

また昨日は午前中北風だったので右舷側は日が当たり暖かく、通常はこのままで午後になると日陰になるんです。

ところが午後からは南風となり再び日が当たり暑いくらいでした、このようにポカポカ天気で最高の釣り日和~。

でもフグの機嫌は悪くその後一匹追加出来て5匹で終了・・・、結局7回アタリで5匹釣れました。

ただ後の2回のアタリはエサがそのまま残っていたのでフグではありませんね、プンっと言うアタリだったので外道だと思います。

今回も厳しい釣果となりましたが、2~3月の湾フグ釣りはこんなものです。

でも時々20匹くらい釣れたりしますので、これだけは釣りに行かないと分かりませんね?。

r8PlF74HttvM3nsE.jpg

結局5匹で何と竿頭~、昨日は竿頭を意識していませんでしたが・・・。

岡村さんは私がゼロの時点で2匹釣っていたので、これは竿頭を狙えるかも知れないっと思ったそうです。

その岡村さんは3匹~、でもこれが湾フグです。

釣果を求めるなら外房に行けばそこそこ釣れてます、勿論食材確保目的なら外房をお薦めします。

でも湾フグファンはこれで良いんです!、釣り方エサ全てが違うので別な釣り物っと思っています?。

外房のフグ釣りも好きですよ、食材確保目的なら間違いなく外房に行っています!。

c0prtSuRxRtGJVHu.jpg

たったの5匹ですが、貴重な5匹だとも言える釣果です?。

でも昨日は大策船長のお陰でストレスなく釣りが出来ました~、釣果はたいした事ありませんが清々しい気持ちです!。

それにしても最近魚釣ってません・・・、つ抜けさえ出来ていません・・・。

週末は沢山釣れる釣りがしたいと思案中・・・、もし何処かの港で見かけたら「頑張れ」っと一声お掛け下さい~。

東京湾でタイラバ~

2017-03-13 10:50:38

DGYr21jH3osyfBtp.jpg

昨日は前夜突然の誘いで、急遽東京湾でタイラバをやって来ました。

しかし日曜日は確定申告の用意をするっと決めていたので、土曜日深夜まで掛り大忙しとなりました。

でも何時もダラダラやってましたが、急いでもしっかりと出来る事が判明?。

やはり釣りと言う魔力は偉大です、確か日曜日他にもやる事がありましたが・・・釣りに行ってしまうバカな私です!。

タックルはロッドジャッカルアンチョビドライバーADC66-M リースシマノスティーレ201PG PEラインヨツアミウルトラダィ二ーマー0.8号 リーダー3号3m ビンビン玉60~80号。

こうして何時もお世話になってる保坂さんのボートで出船~、乗船者は5名ですが誰一人タイラバでマダイ釣った事ありません・・・。

まさにタイラバシローと集団?、そこで今回道連れに次男も連れて来ました。

これなら皆でオデコになっても怖くありません?、後の二人は保坂さんの知り合いと中学生の頃からバス少年だった飯塚君です。

今では私以上の沖釣りマニア?、ここ最近深海釣りにハマっています。

そして東京湾でタイラバ開始~、巻き巻き・・・ただひたすら巻き巻き・・・。

するとゴッゴッとアタリの後に何か掛かりました~!?、でも途中で無念のフックオフ・・・。

でもマダイではなかったと思います、それに決して大型ではない事は確か・・・。

そして遂に保坂さんマダイ釣りました~、サイスこそ小型でしたがタイラバ初マダイです!。

この後はただひたすら巻き巻き・・・移動してからも巻き巻き・・・、果たしてこれで釣れるんでしょうか?。

ガガガッとアタリを感じられましたが、タイラバのセオリー「アタリがあっても合わせてはダメ」をすっかり忘れて合わせてしまい掛かりません・・・。

何しろアタリがないのでそんな事すっかり忘れてしまうんです・・・、これは同船者も同じでどうしてもアタリがあると合わせてしまうシローと軍団・・・。

いきなり現れるアタリを合わせてしまい、掛からずその度にアッ~っとオヤジの叫び声が~?。

そして遂にガガガッ~で船も流されていたので掛かりました!、これは間違いなくマダイの引き~!。

タイラバでは初マダイですが、やはりマダイは引きで判断出来ますね!。

でもまだ釣り上げていませんが・・・、この模様は飯塚君が動画撮影してくれFBにアップしています。

多分Youチューブでも見られると思いますので、是非ご覧ください。

決して大型ではありませんが、貴重な東京湾タイラバ初マダイです~!。

そして昨年に続き東京湾タイラバ2回目の快挙達成~!、でも回りにいるボートでは3キロが2枚釣れたとか景気の良い話が・・・。

でもこれで良いんです!、もしこれが5キロや8キロだったら・・・きっと今後タイラバ師になってしまうかも知れませんから?。

0iSPVwuv48Jd3ZNL.jpg

ビンビン玉80g、いい仕事しれくれました~!。

東京湾のマダイは食べても極上~、これ目当てに釣るにも大ありですね!。

FQqK7U9vPcEqiizT.jpg

その後は再びシーンとする船内・・・、そろそろ潮止まりのタイミングでトモでやっていた飯塚君がやり取りしています。

直ぐに駆け付けネットを用意してスタンバイ、そして一言・・・「早く上げないと魚が腐るよ~」で大笑い~。

横から見ていてもゴンゴンする引きはマダイです!、水面近くで最後の抵抗で船下へ潜り込みましたが無事ネットイン成功~!。

2キロオーバーの見事なマダイです、目測ですと2.5キロあると思います。

飯塚君も海のルアーマンですが、タイラバでマダイ釣ったの始めてでした?。

こうして5人中3名がマダイを釣る快挙~、ここで寝込んでいた次男を起こして釣り再開させる事に。

YVQyNRmzwLAPOUTA.jpg

しかしアタリはなくただ巻き巻き・・・そして巻き巻き・・・、アタリがありましたが合わせてしまい掛かりません・・・。

次男にもアタリがあったそうですが掛かりません・・・、どうやら反応する魚は少しだけ居るようです?。

そして保坂さんの知り合いもやり取りしてます~、横から見ているとロッドが柔らかいので大物かと?。

でも上がって来たら私と同じサイズで800gくらいでしょうか?、さてこれで5名中4人がマダイ釣りました!。

でも丁度潮止まりとなったので、昨日は保坂さんにしたら珍しく11時30分に早上がり~?。

こうしてオデコの道連れで連れて行った次男ただ一人オデコとなりました、でも地合だと思われる時に寝ていたので仕方ありませんね?、

こうしてタイラバシローと5人組でしたが、見事に4人がマダイを釣り一応何となく目標達成出来ました~!。

私は4バイト1マダイ~、やり込めば他の釣り同様奥が深そうです・・・。

でも今日昨日の東京湾マダイ釣果情報見たら・・・、ガーン我々が帰った後にもしっかり釣れていましたね!。

それも4キロ5キロの大ダイまでしっかり釣れています、悔しいですが私は昨日のマダイで十分です。

もし昨日4キロ5キロの大ダイ釣っていたら・・・、テンヤからライラバニスイッチしてしまうかも知れませんから~?。

でもこれからも東京湾でタイラバやりますよ、それはまだタイラバの魅力体が知ってませんからね?。