ひとつテンヤマダイ釣り

2018-07-06 18:14:53

mz9N69_iQMddTiou.jpg

7月4日、日曜日のリベンジに一人で大原新幸丸さんへ行って来ました。

実は前日に7.8キロの大ダイ釣れたんです、他にもバラシがあったと?。

こうなったら行くしかありません、少しでも大ダイの可能性があるならば・・・行ってしまいます。

釣り座は2番札を引いたので、右舷大ドモに入りました。

右舷3名左舷5名で河岸払い~、半袖短パンで丁度良い感じです。

QNG1kJtKHUDbeyAP.jpg

タックルは謎のロッド&ニューステラC3000XG、PEラインはよつあみ0.8号、リーダーもよつあみフロロカーボン2.5号5m。

テンヤはジャッカル鯛夢5号チャートリュースゴールドフレークからスタート、後は状況により変えて行きます。

この日のポイントは港から約30分、水深25~30mとの事。

港を出るとこの日も凪いでます、これは外房エリアの特徴で南風だと凪るんです。

パラシュートアンカーを入れて釣りスタート、潮はトモからミヨシに流れます。

まずは後方にキャストして底立ちしたらリフト&フォールで船下まで狙います、途中が2枚潮なのでサミングします。

数回目にアタリ~、でも掛かりません・・・2度目のアタリで掛かりました!。

ゴンゴンするのはマダイです、やっぱりマダイの引きは良いですね~。

一応ネットが用意されたので、ネットイン成功~。

サイズは800~900gでしょうか?、まあこれで一応リベンジ成功~。

QxjoGCbxluVLS5Z9.jpg

前回マダイオデコだったので、この1枚は貴重です。

親針ガッチリ掛かってます、2度のアタリで釣ったのを考えるとマダイの活性高いと判断。

後はどうやってマダイにテンヤ&エサを見付けて貰えるか、見付けてくれさえすれば食い付くでしょう。

Hvfp_B_1BTiVGoZ9.jpg

そして今後も後方にキャストしてリフト&フォールで狙っていると、アタリ・・・でも掛からず、2度目掛からず、3度目でガッチリ掛かりました。

これはミヨシに流れる潮に対して、後方にキャストしているのでラインが水中でUの字になっていると考えれます。

そのためアタリがボケてしまい、こうなってしまいました。

でも感じ取ったアタリ2回ですが、両方とも掛けました!。

更に同じ感じで3枚目~、こうしてマダイ3枚釣り一安心~。

この後は潮が早くなりテンヤを8号に変更、すると小さなアタリを合わせるとゴンゴン・・・ゴンゴンっと大物特有の引きが伝わります。

リールからはラインが出され、数回やり取りしましたが根に入られ動かなくなりました・・・。

こんな場合もバス釣りではラインを緩めたりすると根から出る事があるので、ラインを出したりしましたが船が流れているので効果なし・・・。

こうして痛恨のバラシ・・・、テンヤロストで済みました。

獲物は大型のハタだと思います、でも大ダイの引きではないのでそれ程悔しくありません。

暫くして再びクンで合わせると、今後もゴンゴンと大物の引きが。

今度は強引にスプールを抑えてポンピングしながら魚を根から離します、これを見ていた船長新ちゃんが「もう大丈夫、後は平らだから」っと。

ここから安心してやり取り開始しましたが、今度は魚が走り出しました。

止まらない・・・止まらない・・・、そして今度も根の中に入られました・・・。

今度は根に入ってもガリガリラインが擦れる感覚の中に、グイグイ魚の引きが感じられます。

数秒後またしてもラインブレイク・・・、今後の魚はヒラマサだっかも知れません・・・。

でも今後もテンヤロストで済みました、そしてしつこいようですが大ダイではありません。

こうしてマダイ3枚ウマズラ1枚フグ1匹ベラ数匹で終了、一応マダイリベンジ成功~。

一度目の大物はハタだったかもと思うと、ハタは大好物だし大型立ったら食べ方色々あるので残念だったと・・・。

まあ今回は2回も思い出作ってしまい、益々悔しさが体に蓄積されました。

 

このページが最新